HOME » 育毛系原料 市場動向

育毛系原料 市場動向

通販向けからAGAクリニック向けへ

育毛系素材は、基本、以下の要素から成り立ちます。

1. 栄養補給
2. 末梢血管の拡張
3. 5αリダクターゼ阻害
4. 抗酸化

この商材は、医薬部外品の育毛剤と(サービス品としても)セットで販売されることが多い商材です。
通販系の商材ではノコギリヤシ・ミレット・葛花などのハーブ系素材が多く、亜鉛高配合が王道となります。
実は、末梢血管の拡張という観点で、増大イメージの強いシトルリンも配合されるケースが増えています。

男性は、性と髪の両方を求めます。

プロペシアのフィナステリドには副作用としてEDや精液量減少が記載されているので、フィナステリドを避ける人が多いのも現状です。髪が生えてモテても、EDになったら本末転倒と考える男性がほとんどです。
そこにサプリニーズを訴求されている会社さんも存在します。

ちなみに、近年では、ノコギリヤシが性欲減退に用いられた事例から、ノコギリヤシも避けられることがあります。

参考文献:
医薬品情報:プロペシア(MSD)
「統合医療」情報発信サイト:ノコギリヤシ
外部サイト

男性向け商品が主流ですが、女性向けの商品もニッチながら市場を伸ばしつつあります。

女性の場合、薄毛の原因は女性ホルモンの低下のため、ホルモン産生強化と鉄が必要になってきます。

近年、通販よりAGAクリニックの方が盛り上がっている感じがします。

クリニック系の商材では、リジンが王道で、加えて発毛の未承認医薬品を真似てパントテン酸とビタミンB1を高配合されることが多いです。
本格的な商品が多く、AGA医薬品と相乗効果が出やすい商品が多いです。
確かに、血流を良くしたり、5αリダクターゼ阻害(脱毛抑制)しても、栄養が足りていなければ、髪は育たないですからね。

中には、薄毛に悩む多くの男性は、食生活も不規則という点に着眼して、青汁形態のアミノ青汁などの商品も存在します。

>> 処方例

記事筆者

アンチエイジング・プロ

お問合せ

お問合せ

健康食品の機能性原料をお探しの方、サプリメント、美容ドリンク、ゼリーのOEMをご検討されている方は、お気軽にお問合せください。
異業種で初めて健康食品を製造される方も、わかりやすく丁寧にサポートさせていただきます。
Scroll Up