HOME » 美容系原料 市場動向

美容系原料 市場動向

美容商材は素材へのこだわりで勝負!

コラーゲンやプラセンタを王道に、近年、エラスチン・セラミド・プロテオグリカンが多く利用されています。そして、その他の素材で差別化を行うなどの商品設計上の工夫が行われています。
コラーゲンやプラセンタは多々ありますが、独自な製法や構造(例:生の形)などで差別化を行っていけることも重要になってきています。

また、美容系と言っても、ターゲット層や細かいニーズによって、シニア女性向けアンチエイジング・アラサー以上の美白対策・女性全般向けシワ対策など、さらに細分化されます。そして、主材のコラーゲンやプラセンタで美容のイメージを打ち出し、副材でコンセプトを表現する商品設計技法が用いられます。

例えば、更年期対策も含んだシニア女性向けアンチエイジングをコンセプトとした商品の場合、イソフラボンやザクロ、ローヤルゼリーなどが用いられます。近年では、山芋ジオスゲニン(プレDHEA)も活用され始めています。

フィッシュコラーゲンの品不足に注意

現在、中国におけるフィッシュコラーゲン粗原料の需要拡大により、フィッシュコラーゲンの品不足と価格上昇が続いております。
その点を注意いただき、商品開発を行っていただく必要性が出てきております。

>> 最新市場動向 >> 処方例

お問合せ

お問合せ

健康食品の機能性原料をお探しの方、サプリメント、美容ドリンク、ゼリーのOEMをご検討されている方は、お気軽にお問合せください。
異業種で初めて健康食品を製造される方も、わかりやすく丁寧にサポートさせていただきます。
Scroll Up