HOME » 目的効果 » カカオ(テオブロミン・フラバノール)(機)

カカオ(テオブロミン・フラバノール)(機)

カカオは、チョコレートの原料ともなる世界中で愛される食品素材です。
カカオには、テオブロミンやカカオ特有のポリフェノールを多く含み、様々な健康効果をもたらしてくれます。

カカオの健康成分

テオブロミン

メチルキサンチンアルカロイドである、テオブロミンは、カカオの最も特徴的な成分の1つです。カカオと他の食品のメチルキサンチンアルカロイドを比較した場合、カカオのメチルキサンチンアルカロイドは、他の一般的な食品よりカフェインに対するテオブロミンの割合はかなり高いことがわかっております。

テオブロミンは、カフェイン同様、ダイエット効果を有することが知られています。近年では、テオブロミンとカフェインを含んだカカオ抽出物で、脂肪蓄積の抑制効果などが示されたりもしています。

テオブロミンは、カフェインに似た成分ですが、カフェインほどの覚醒作用はなく、就寝前に摂っても睡眠を妨げることはないとされています。自律神経を調整する作用があり、気持ちをリラックスさせます。チョコレートやココアを摂取して、ホッとしたりリラックスしたりするのは、テオブロミンによるものと言われています。
ダイエットサポート商品でも、チョコレート味やカカオ味でカカオが利用されている商品が人気なのも、テオブロミンのリラックス効果が寄与していそうです。

引用文献

食品中のカフェイン, テオブロミン及びテオフィリンの含有量 食品衛生学雑誌 1996; 37(1): 59-63.
ポリフェノール・テオブロミン濃縮カカオエキスのダイエット機能 Food style 21 2005; 9(6): 63-67.
カカオ豆抽出物による脂肪細胞の分化と 脂肪蓄積の抑制効果 第19回チョコレート・ココア国際シンポジウム講演集

カカオポリフェノール

ポリフェノールは、カカオには非常に多く含まれ、カカオ中に約2000mg/100g(約2%)含有されているとされています。カカオポリフェノールは、主に、エピカテキン(メイン)、カテキンとプロシアニジン(エピカテキンやカテキンがいくつか結合した化合物)から成り立ちます。これらは、フラバノール(フラバン-3-オール)とも呼ばれます。

カカオポリフェノールは、高い抗酸化作用を有するため、動脈硬化性疾患を予防したり、血圧が下げる効果が報告されています。カカオポリフェノールによって炎症を軽減させることで、狭くなっていた血管が広げて血液の流れが改善し、血圧を下げます。
近年、カカオ由来フラバノールで、「血圧が高めな方の健康な血圧をサポートする」という文言で機能性表示食品が受理されていたりもします。

引用文献

Short-term consumption of a dark chocolate containing flavanols is followed by a significant decrease in normotensive population. Pakistan Journal of Nutrition 2008; 7(6):773–81.
Differential effect of polyphenolrich dark chocolate on biomarkers of glucose metabolism and cardiovascular risk factors in healthy, overweight and obese subjects: a randomized clinical trial. Food & Function 2012;3(10):10 35–43.
A double-blind, placebocontrolled, randomized trial of the effects of dark chocolate and cocoa on variables associated with neuropsychological functioning and cardiovascular health: clinical findings from a sample of healthy, cognitively intact older adults. American Journal of Clinical Nutrition 2008;87(4):87 2–80.
Benefits in cognitive function, blood pressure, and insulin resistance through cocoa flavanol consumption in elderly subjects with mild cognitive impairment: the Cocoa, Cognition, and Aging (CoCoA) study. Hypertension 2012;60(3):79 4–801.
Flavonoid-rich dark chocolate improves endothelial function and increases plasma epicatechin concentrations in healthy adults. Journal of the American College of Nutrition 2004;23(3):19 7–204.
Regular consumption of a flavanol-rich chocolate can improve oxidant stress in young soccer players. Clinical & Development al Immunology 2005;12(1):11–17.
Short-term administration of dark chocolate is followed by a significant increase in insulin sensitivity and a decrease in blood pressure in healthy persons. American Journal ofClinical Nutrition 2005;81(3):61 1–4.
Blood pressure is reduced and insulin sensitivity increased in glucose-intolerant, hypertensive subjects after 15 days of consuming high-polyphenol dark chocolate. Journal of Nutrition 2008;138(9):1 671–6.
The acute and sub-chronic effects of cocoa flavanols on mood, cognitive and cardiovascular health in young healthy adults: a randomized, controlled trial. Frontiers in Pharmacology 2015;6:93.
Cocoa flavanol consumption improves cognitive function, blood pressure control, and metabolic profile in elderly subjects: the Cocoa, Cognition, and Aging (CoCoA) Study—a randomized controlled trial. American Journal of Clinical Nutrition 2015;101(3):5 38–48.
Effects of high flavanol dark chocolate on cardiovascular function and platelet aggregation. Vascular Pharmacology 2015;71:70–8.
Cocoa flavanol intake improves endothelial function and Framingham Risk Score in healthy men and women: a randomised, controlled, doublemasked trial: the Flaviola Health Study. British Journal of Nutrition 2015;114(8):1 246–55.
Acute effect of oral flavonoidrich dark chocolate intake on coronary circulation, as compared with non-flavonoid white chocolate, by transthoracic Doppler echocardiography in healthy adults. International Journal of Cardiology 2009;131(3):4 24–9.
Effects of low habitual cocoa intake on blood pressure and bioactive nitric oxide: a randomized controlled trial. JAMA 2007;298(1):4 9–60.

記事筆者

アンチエイジング・プロ

How to Use

顆粒(プロテインなど)
錠剤
ハードカプセル
ソフトカプセル△
※サプリメント形状は、抽出物を利用。

一日あたりの摂取目安量

カカオポリフェノールとして240mg
カカオフラバノールとして30mg

本原料は、OEM商品でのみ、供給させていただいております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

弊社では、主に自社原料・(代理店等を行う)契約会社原料として、供給しております。その他原料の調達も承っておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
なお、自社原料以外の供給原料は、原則、代理店価格にて調達できる原料に限定させていただいております。

お問合せ

お問合せ

健康食品の機能性原料をお探しの方、サプリメント、美容ドリンク、ゼリーのOEMをご検討されている方は、お気軽にお問合せください。
異業種で初めて健康食品を製造される方も、わかりやすく丁寧にサポートさせていただきます。
Scroll Up