HOME » 目的効果 » CBD(カンナビジオール)

CBD(カンナビジオール)

カンナビジオール(Cannabidiol)、通称CBDは、麻(大麻)に含まれることが知られる成分であり、カンナビノイドの1つです。

向精神作用がなく、多幸感をもたらす成分として、米国では人気が高まりつつあります。

また、強力な抗酸化作用と、がんやてんかん、不眠症、慢性の痛みなどへの効果の報告を受けて日本でも個人輸入して利用者が増加しています。

日本で流通している原料(商品)は、食薬区分で医薬品ではない麻の茎と種から抽出されており、THC(テトラ・ヒドロ・カンナビノール)が検出されないことが条件となっているようです。
一方、まだまだ食薬区分で議論がなされており、以下のように不許可と紹介しているサイトも存在します。

法制度 海外と日本の比較 (外部サイト:日本臨床カンナビノイド学会)

なお、商品化をご検討の場合、行政によって見解が異なるため、必ず行政に確認を取っていただいております。

引用文献

カンナビジオールの治療効果とその作用機序 保健医療学雑誌 2018; 9(2) 112-125. 原文
カンナビジオール(CBD) 事前審査報告書 WHO 日本臨床カンナビノイド学会が公開の原文

記事筆者

アンチエイジング・プロ

お問合せ

お問合せ

健康食品の機能性原料をお探しの方、サプリメント、美容ドリンク、ゼリーのOEMをご検討されている方は、お気軽にお問合せください。
異業種で初めて健康食品を製造される方も、わかりやすく丁寧にサポートさせていただきます。
Scroll Up