HOME » 目的効果 » グルコサミン塩酸塩 関節原料

グルコサミン塩酸塩 関節原料

グルコサミンは、グルコースの一部の水酸基がアミノ基に置換されたアミノ糖の一つです。
ヒトでは、軟骨、爪、靱帯などに存在し、軟骨細胞を形成する成分ですが、加齢、肥満、運動不足などによって軟骨の再生不良が起きると、腰痛や膝の痛みが発生し、関節炎などに進行することもあります。
グルコサミンは、この関節部分の細胞の新陳代謝に重要な役割を果たしています。
関節サプリの定番中の定番の人気原料です。

単にグルコサミンと言っても、グルコサミンは、主に3種類存在します。

・グルコサミン塩酸塩
・グルコサミン硫酸塩※日本では医薬品
アセチルグルコサミン

一般的にグルコサミンと言われているのは、グルコサミン塩酸塩です。
グルコサミンは、安定しない物質のため、塩酸などの塩にして原料商品化されています。

原料も、高品質の国産の原料から、価格競争力のある中国産のものまで、多様化しております。
お客様のニーズに合った原料を選定してご提供いたしております。

弊社では、サメ軟骨エキス(コンドロイチン硫酸)やMSMなどと共に配合したグルコサミンのサプリメントもOEM供給しております。
競争力のある価格で、商品供給も致します。お気軽にお問い合わせください。

お問合せ

お問合せ

健康食品の機能性原料をお探しの方、サプリメント、美容ドリンク、ゼリーのOEMをご検討されている方は、お気軽にお問合せください。
異業種で初めて健康食品を製造される方も、わかりやすく丁寧にサポートさせていただきます。
Scroll Up