HOME » 目的効果 » グルタミン酸

グルタミン酸

グルタミン酸は非必須アミノ酸のひとつです。
うまみ成分として調味料で利用されています。

グルタミン酸は、脳に多く含まれ、神経伝達に関与し脳機能の強化に効果があります。
また、アンモニアをグルタミンに変える働きや、尿の排泄を促進してアンモニアを体外に排出する効果もあります。

グルタミン酸は、昆布、わかめ、大豆、ごま、落花生、アーモンドなどに含まれます。

グルタミン酸は、体内で最終的にグルコースとなる糖原性アミノ酸で、エネルギー源にもなるアミノ酸です。

グルタミン酸に期待される効果

脳機能強化

グルタミン酸は興奮性の神経伝達物質として働いており、アルツハイマー病予防や記憶力向上などの効果が期待できます。

デトックス

アンモニアをグルタミンに合成する役割があり、利尿作用もあり、デトックスを促進します。

血圧維持

血圧を下げる効果があることが報告されています。

ダイエット

ラットの実験で内臓脂肪、皮下脂肪の蓄積が抑制されたことが報告されています。

摂取の注意点

過剰摂取により睡眠障害や神経症、幻覚などになる可能性があります。

本原料は、原則、OEM製造に限定させていただいております。

お問合せ

お問合せ

健康食品の機能性原料をお探しの方、サプリメント、美容ドリンク、ゼリーのOEMをご検討されている方は、お気軽にお問合せください。
異業種で初めて健康食品を製造される方も、わかりやすく丁寧にサポートさせていただきます。
Scroll Up