HOME » 目的効果 » グリシン

グリシン

グリシンは非必須アミノ酸のひとつです。
甘味をもつため、ゼラチン糖と呼ばれていました。

アミノ酸の中でも最も小さく、体内ではスレオニン、セリンから合成されます。

グリシンは、コラーゲンの主要成分で、また、脊椎や脳幹に多く存在し、中枢神経で抑制系の神経伝達物質として働いています。

グリシンは、軟骨、エビ、かに、いか、ホタテなどに含まれます。

グリシンは、体内で最終的にグルコースとなる糖原性アミノ酸で、エネルギー源にもなるアミノ酸です。

グリシンに期待される効果

精神安定

グリシンはセロトニンの分泌を活性化するため、うつ病予防などに効果があると言われています。

安眠

グリシンは身体の中心温度を下げるため、睡眠を促す効果があるといわれています。
また、睡眠の質も向上すると言われており、間接的に成長ホルモンの分泌を促進します。

美肌

コラーゲンの3分の1を占めており、弾力やハリのある肌を維持します。

抗酸化作用

グリシンは活性酸素を除去する作用が報告されており、アンチエイジングに有効なアミノ酸です。

摂取の注意点

過剰摂取により呼吸筋のマヒが起こる可能性があります。

お問合せ

お問合せ

健康食品の機能性原料をお探しの方、サプリメント、美容ドリンク、ゼリーのOEMをご検討されている方は、お気軽にお問合せください。
異業種で初めて健康食品を製造される方も、わかりやすく丁寧にサポートさせていただきます。
Scroll Up