HOME » 目的効果 » 緑茶カテキン(EGCGなど)

緑茶カテキン(EGCGなど)

カテキンとは、分子量290のポリフェノールです。ポリフェノールとは、植物が光合成を行うときに作られる物質の総称でこれまでにおよそ5000種類が知られています。カテキンを始めとしたポリフェノールは、強い抗酸化作用があり、それぞれで特別な機能性を有します。

<ポリフェノールの代表例と含有する食品>
 カテキン(catechin)・・・緑茶
 ルチン(rutin)・・・そば
 フラバノン(flavanon) ・・・レモン、ミカンなど柑橘類の皮
 タンニン(tanin) ・・・緑茶、カキ、赤ワイン
 ケルセチン(quercetine)・・・赤ワイン、ココア、タマネギ、ブロッコリー
 アントシアニン(anthocyanin) ・・・ブルーベリー、イチゴ、ナス、むらさき芋
 イソフラボン(isoflavone)・・・大豆、そら豆、レッドクローバー

近年、カテキンは、ダイエット素材としても、知名度が上がっております。
お茶に含まれるポリフェノールは、ほとんどがカテキンで、主にエピカテキン(EC)、エピカテキンガラテ(ECG)、エピガロカテキン(ECG),エピガロカテキンガレート(EGCG)の4種類が含まれています。この中でも最も抗酸化力の強いのがエピガロカテキンガレート(EGCG)で、ビタミンEの200倍の抗酸化力を持っています。

How to Use 使用方法

ダイエットサプリメントなどにご活用ください。

1日の推奨摂取目安量

カテキンとして:540mg
EGCGとして:270mg

原産国

中国・インド

本原料は、原則、OEM製造に限定させていただいております。

弊社では、主に自社原料・(代理店等を行う)契約会社原料として、供給しております。その他原料の調達も承っておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
なお、自社原料以外の供給原料は、原則、代理店価格にて調達できる原料に限定させていただいております。

お問合せ

お問合せ

健康食品の機能性原料をお探しの方、サプリメント、美容ドリンク、ゼリーのOEMをご検討されている方は、お気軽にお問合せください。
異業種で初めて健康食品を製造される方も、わかりやすく丁寧にサポートさせていただきます。
Scroll Up