HOME » 目的効果 » オオイタドリ大痛取(関節原料)

オオイタドリ大痛取(関節原料)

北海道及び本州中部以北に生える大型の多年草です。
北海道のアイヌ民族を始め、日本では伝承的に健康保持機能が強く期待される野草として長く生活に根付いてきました。

今でも若芽は食品として利用され、東北地方では油炒め、和え物、酢の物、サラダなど様々な料理に用いられています。根茎は「虎杖根」という漢方(医薬品)として使用されたり、海外ではアセトンなどで抽出されレスベラトロールの起源植物とされております。

鎮痛・抗炎症成分として、人気が高まりつつある素材です。
弊社は、北海道産のオオイタドリエキスを仕入れており、同じ北海道産のロコモ素材であるSCPコンプレックス-LS(非変性Ⅱ型コラーゲン・プロテオグリカン含有の鮭鼻軟骨抽出物)との組み合わせが人気です。

本原料は、原則、OEM製造に限定させていただいております。
弊社では、本原料を用いたサプリメントの商品受託製造も行っております。SCPコンプレックス-LS(鮭鼻軟骨抽出物)と合わせた設計では、コストにも自信がございます。お気軽にお問い合わせください。

お問合せ

お問合せ

健康食品の機能性原料をお探しの方、サプリメント、美容ドリンク、ゼリーのOEMをご検討されている方は、お気軽にお問合せください。
異業種で初めて健康食品を製造される方も、わかりやすく丁寧にサポートさせていただきます。
Scroll Up