HOME » 目的効果 » ロイシン(BCAAの1つ)

ロイシン(BCAAの1つ)

ロイシンは体内で合成できない必須アミノ酸のひとつです。

バリン、イソロイシンとともにBCAA(分岐鎖アミノ酸)と呼ばれます。

BCAAは筋肉の成長と維持に必要なアミノ酸です。

ロイシンはインスリン分泌を促進する作用があるため、BCAAの司令塔としてタンパク質の分解を抑制することと合成促進の調整をしています。

ロイシンはレバー、牛肉、ハム、チーズ、とうもろこしなどに含まれます。

ロイシンは、体内で最終的にケトン体となるケト原性アミノ酸で、筋肉のエネルギー源にもなるアミノ酸です。

ロイシンに期待される効果

筋肉強化

筋肉は運動によって断絶したあとの自然治癒を経て強化されます。
ロイシンを含むBCAAは筋肉の材料で、筋肉を修復する効果があるので、筋力強化ができます。

疲労回復

ロイシンを含むBCAAが筋肉が運動した時に発生する乳酸を抑制することが報告されています。

ストレス緩和

ロイシンは脳内麻薬とも呼ばれている「エンドルフィン」と同様な効果があると言われています。

摂取の注意点

アミノ酸バランスが崩れると体重の減少やアンモニア排出の阻害などになる可能性がありますので、健康食品を製造するときは、ひとつだけ過剰に摂取しないように注意が必要です。

お問合せ

お問合せ

健康食品の機能性原料をお探しの方、サプリメント、美容ドリンク、ゼリーのOEMをご検討されている方は、お気軽にお問合せください。
異業種で初めて健康食品を製造される方も、わかりやすく丁寧にサポートさせていただきます。
Scroll Up