HOME » 目的効果 » ルテイン(マリーゴールド色素)機能性表示食品

ルテイン(マリーゴールド色素)機能性表示食品

ほうれん草

ルテインは、リコピンなどと同じ植物の色素成分カロテノイドのひとつで、強い抗酸化力があり、アンチエイジング原料として利用できます。

ルテインはほうれん草、ブロッコリー、大麦若葉、リーフレタスなどの緑黄色野菜に含まれています。

網膜にもっとも多く存在していて、有害な光線から網膜を守っていると言われています。
また、皮膚、乳房、子宮頚部や体内器官にも存在しています。

ルテインに期待される効果

眼の健康

ルテインは紫外線や人工の青い光(蛍光灯、テレビ、パソコン、ゲーム)など細胞にダメージを与える光を吸収し遮断する役割があり、網膜を守っていることがわかっています。

また、細胞に到達してしまった光によって酸化されそうになっても、強い抗酸化作用によって防止することで、有害な光線から網膜を守っています。

そして、ルテインが不足すると水晶体では白内障、黄斑部では加齢黄斑変性(AMD)といった眼疾患リスクにつながることが実証されています。

研究でルテインとDHAを一緒に摂取すると黄斑保護機能が高まると報告されています。

美肌作用

ルテインが保湿力とハリを高め、紫外線などの有害な光線による細胞の抗酸化から肌を守るという研究報告がされています(イタリア ナポリ大学皮膚科学 モルガンティ教授グループ)。

動脈硬化対策

ルテインは善玉コレステロールであるHDLに含まれていて、悪玉コレステロールで動脈硬化の原因と言われているLDLの酸化を防ぐと考えられています。

1日の推奨摂取量

特に設定されておりませんが、1日6㎎くらいが望ましいと言われています。

サプリメントにするときの注意点

健康食品としてOEMするときは、基本、ルテインは脂溶性成分のため、ソフトカプセルで製造することになります。
粉末原料を利用されたい場合は、別途ご相談ください。

本原料は、原則、OEM製造に限定させていただいております。
弊社では、本原料を用いたサプリメントやドリンク、ゼリーの商品受託製造も行っております。特に、本原料は、常時大量に使用している原料であり、コスト競争力の高いOEM供給が可能です。
小ロットからの供給にも対応しておりますので、気軽にお問い合わせください。

お問合せ

お問合せ

健康食品の機能性原料をお探しの方、サプリメント、美容ドリンク、ゼリーのOEMをご検討されている方は、お気軽にお問合せください。
異業種で初めて健康食品を製造される方も、わかりやすく丁寧にサポートさせていただきます。
Scroll Up