HOME » 目的効果 » 納豆 ナットーキナーゼ

納豆 ナットーキナーゼ

ナットウキナーゼは、納豆のネバネバ部分に含まれるタンパク質分解酵素です。動脈硬化予防の素材として、全世界で人気の機能性素材です。
現在、様々な作用が確認されています。

1. 血栓の主成分であるフィブリン(血液凝固に関わるタンパク質)に直接働きかけ溶解する作用
2. 体の中の血栓溶解酵素であるウロキナーゼの前駆体プロウロキナーゼを活性化する作用
3. 血栓溶解酵素プラスミンを作り出す組織プラスミノーゲンアクチベーター(t-PA)量を増大させる作用

があります。
人気の血液サラサラ素材です。

さらに、最新の研究では、ナットウキナーゼには血栓を溶けにくくする血栓溶解阻害物質PAI-1を分解する作用、オイグロブリン溶解時間の短縮作用があり、血栓溶解活性の増強作用があることがわかってきました。

中国市場でも人気の素材です。
市場の盛り上がりと共に、近年は、海外産の安価なナットウキナーゼ原料も増えてきております。

なお、納豆には、ナットウキナーゼ以外にも、血液凝固に重要なビタミン:ビタミンKが含まれます。血液凝固と血栓溶解という真逆な働きをする2成分が含まれます。
そのため、ナットウキナーゼを含む機能性原料を選定する際、ビタミンKを含まない原料が好まれます。

引用文献

日本ナットウキナーゼ協会
ナットウキナーゼの機能性研究の動向について FoodStyle21 2006; 10(10): 55-59.
納豆菌が持つ特殊酵素「ナットウキナーゼ」 : その力価と特長 日本醸造協会誌 2011; 106(1): 28-32.

期待できる効果

血圧を下げる機能

納豆菌由来ナットウキナーゼは、血流(末梢)を改善することで血圧が高めの方の血圧を下げる機能が報告されています。
現在、ナットウキナーゼの量・活性を機能性関与成分とした機能性表示食品も発売されています。

引用文献

Effect of nattokinase consumption on blood pressure —A randomized, double-blind, placebo-controlled, parallel-group clinical study—. 薬理と治療 2019;47(8):1317-1324.
Effects of nattokinase on blood pressure: a randomized, controlled trial. Hypertens Res. 2008;31(8):1583-8.

記事筆者

アンチエイジング・プロ

人気の納豆&山芋パワー

近年、テレビ番組の影響で、納豆と山芋(特許製法の山芋抽出物 ジオパワー15)を組み合わせて商品化されるケースが増えております。

是非、両原料を合わせて、商品設計を行っていただければ幸いです。

How to Use

ハードカプセル
ソフトカプセル
錠剤

1日あたりの摂取目安量

2000FU/日 ※FU:ナットウキナーゼ活性

ナットウキナーゼは、組み合わせる素材や成分によって活性が落ちてしまいます。例えば、相性が良さそうなポリフェノールとは、実は相性が良くありません。注意が必要です。

なお、ナットウキナーゼ原料は、国産・中国産の両方を取り扱っており、OEMでのみ供給させていただいております。
相性を加味して、ニーズに合った商品設計をご提案しております。
ご興味がございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

弊社では、主に自社原料・(代理店等を行う)契約会社原料として、供給しております。その他原料の調達も承っておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
なお、自社原料以外の供給原料は、原則、代理店価格にて調達できる原料に限定させていただいております。

お問合せ

お問合せ

健康食品の機能性原料をお探しの方、サプリメント、美容ドリンク、ゼリーのOEMをご検討されている方は、お気軽にお問合せください。
異業種で初めて健康食品を製造される方も、わかりやすく丁寧にサポートさせていただきます。
Scroll Up