HOME » 目的効果 » フェニルアラニン

フェニルアラニン

フェニルアラニンは体内で合成できない必須アミノ酸のひとつです。

体内でノルアドレナリン、ドーパミンなどの神経伝達物質になります。

フェニルアラニンが不足すると不足すると、うつ病になりやすくなったり、 記憶力が低下する場合があります。

フェニルアラニンは肉、魚、チーズ、豆腐、落花生、じゃがいも、そば、アーモンドなどに含まれます。

フェニルアラニンは、体内で最終的にグルコース、ケトン体となる糖原性・ケト原性アミノ酸で、筋肉のエネルギー源にもなるアミノ酸です。

フェニルアラニンに期待される効果

脳機能強化

フェニルアラニンは肝臓で非必須アミノ酸であるチロシンに変換され、ノルアドレナリンとドーパミンとなり神経伝達物質として働きます。
気分を高めるので、うつ症状の緩和にも効果があると言われています。
また、記憶力の向上の報告されています。

鎮痛効果

脳内でモルヒネと似たような働きをするエドルフィンの生成を促進し、痛みを抑える効果があり、リウマチ、腰痛、神経痛などの痛みを軽減すると言われています。
人工的に合成されたDL-フェニルアラニンは鎮静剤として病院で利用されています。

摂取の注意点

過剰摂取によりアミノ酸バランスが崩れると高血圧になる可能性がありますので、健康食品を製造するときは、ひとつだけ過剰に摂取しないように注意が必要です。

本原料は、原則、OEM製造に限定させていただいております。

弊社では、主に自社原料・(代理店等を行う)契約会社原料として、供給しております。その他原料の調達も承っておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
なお、自社原料以外の供給原料は、原則、代理店価格にて調達できる原料に限定させていただいております。

お問合せ

お問合せ

健康食品の機能性原料をお探しの方、サプリメント、美容ドリンク、ゼリーのOEMをご検討されている方は、お気軽にお問合せください。
異業種で初めて健康食品を製造される方も、わかりやすく丁寧にサポートさせていただきます。
Scroll Up