HOME » 目的効果 » サイタイ(臍帯)エキス末/乾燥末

サイタイ(臍帯)エキス末/乾燥末

サイタイ(臍帯)とは、赤ちゃんとお母さんの胎盤をつなぐ「へその緒」のことです。
皆様の中にも、誕生後、数日で取れるへその緒を桐箱などで大事に保管されている方もいらっしゃることでしょう。

へその緒は、母体から受けた酸素や栄養を胎児へ運んだり、老廃物を逆に母体へと運ぶ役割を担っています。
このサイタイの中に含まれる臍帯血には、自己複製能と様々な細胞に分化する能力を持つ「幹細胞」が豊富に含まれており、臍帯療法として、白血病や再生不良性貧血、先天性免疫不全症の治療に使用されています。
近年は、この臍帯血が再生医療・細胞医療にも活用されるようになっています。

なお、サイタイは、プラセンタ(胎盤)同様、ヒトのものは使われず、主に豚由来や馬由来の原料が用いられます。

引用文献

赤ちゃんを出産予定のお母さんへ(臍帯血関連情報):厚生労働省
臍帯血,臍帯組織幹細胞を用いた新規細胞治療の開発 日本大学医学部総合医学研究所紀要 2013; 1: 1-7.

How to Use

ハードカプセル
ソフトカプセル
錠剤
顆粒

ブラセンタを含めた動物性素材は、カプセルが好まれます。
エキス末は、吸湿性が高めのため、設計や包装仕様に注意が必要です。

販路では、クリニックやエステ向けの商品に適しています。通販では、プラセンタと共に微量配合されることが多いです。

本原料は、ホルス社の代理店として、原料(豚・馬、エキス末・乾燥末)でも販売しております。
また、OEMでも供給させていただいております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

お問合せ

お問合せ

健康食品の機能性原料をお探しの方、サプリメント、美容ドリンク、ゼリーのOEMをご検討されている方は、お気軽にお問合せください。
異業種で初めて健康食品を製造される方も、わかりやすく丁寧にサポートさせていただきます。
Scroll Up