HOME » 目的効果 » ビタミンB6

ビタミンB6

ビタミンB6はたんぱく質の代謝に深く関与する補酵素として働く水溶性のビタミンです。「ピリドキシン」とも呼ばれています。

肉などのたんぱく質を多く摂取するときは、ビタミンB6も比例して必要になります。

ビタミンB6は、かつお、まぐろ、レバー、肉、大豆、にんにく、バナナなどに含まれています。

ビタミンB6は腸内細菌からも作られるので欠乏することはありませんが、抗生物質を長期飲んでいる人、妊娠中の人などで不足することがあります。

欠乏すると、口内炎、舌炎、結膜炎など皮膚や粘膜にトラブルが起きやすくなります。

ビタミンB6に期待される効果

美肌

たんぱく質の代謝をサポートするので、若々しい肌を維持するのに必要なビタミンです。

脂肪肝の予防

ビタミンB2やリンとともに脂肪肝の治療にも使われていて、肝臓への脂肪の蓄積を予防する効果があります。

精神安定

ビタミンB6が不足すると神経伝達物質のもとになるアミノ酸の代謝が悪くなり、神経に影響を与えてしまいます。

アレルギー緩和

ビタミンB6を摂取すると免疫のバランスが正常化され、アレルギーの症状が緩和された報告があります。

1日の推奨摂取量

栄養機能食品として表示許可は、上限は10mg、下限0.3mgです。

※過剰摂取すると、感覚神経障害、末梢感覚神経障害、骨の疼痛、筋肉の脆弱、精巣萎縮、精子数の減少などを起こす可能性があります。

本原料は、原則、OEM製造に限定させていただいております。

お問合せ

お問合せ

健康食品の機能性原料をお探しの方、サプリメント、美容ドリンク、ゼリーのOEMをご検討されている方は、お気軽にお問合せください。
異業種で初めて健康食品を製造される方も、わかりやすく丁寧にサポートさせていただきます。
Scroll Up