HOME » 目的効果 » 銅(Cu)

銅(Cu)

銅は、鉄から血液中の赤血球が作られるの(造血)を助ける栄養素です。
レバー、イカ・タコ・牡蠣メなどの魚介類、ナッツ、大豆、ココアなどに多く含まれています。

主に骨、骨格筋、血液に存在し、成人で約80mg存在しています。
無機鉄と同様、主に銅は、DMT1(Divalent Metal Transporter 1、金属イオンのトランスポーター)によって腸管上皮細胞内へ取り込まれます。

通常の食生活を送っていれば欠乏症は起こらないとされていますが、不足すると銅欠乏性の貧血が起こります。

引用文献

日本人の食事摂取基準 2020年版
日本食品標準成分表2015年版 (七訂)

How to Use


1日あたりの摂取目安量

栄養機能食品で 下限値:0.27mg 上限値:6mg

栄養機能表示

「銅は、赤血球の形成を助ける栄養素です。」
「銅は、多くの体内酵素の正常な働きと骨の形成を助ける栄養素です。」

銅は、食品において、グルコン酸銅(栄養機能食品でのみ使用可)もしくは銅を酵母内に取り込ませた銅酵母で用いられています。
弊社では、主に鉄サプリなどに銅も強化する目的で銅酵母を利用しております。

あわせてオススメする原料

お問合せ

お問合せ

健康食品の機能性原料をお探しの方、サプリメント、美容ドリンク、ゼリーのOEMをご検討されている方は、お気軽にお問合せください。
異業種で初めて健康食品を製造される方も、わかりやすく丁寧にサポートさせていただきます。
Scroll Up