HOME » 目的効果 » エキナセア

エキナセア

エキナセア(Echinacea purpurea)は、北米を原産とするハーブの一種で、古くから傷や病気の治療薬として用いられてきました。
民間療法または伝統療法では、エキナセアを、外傷やにきび・おでき等の皮膚トラブルに使うこともあるようです。

エキナセアの根の部分に含まれている有効成分には、免疫機能を高める働きや抗炎症作用があり、風邪やインフルエンザをはじめとする感染症の予防に利用されています。
エキナセアの抽出物を用いたヒト臨床試験では、風邪のような症状を緩和する働きがあると示されています。

古くから利用される人気の免疫素材です。

参考文献:
Efficacy of Echinacea purpurea in patients with a common cold. A placebo-controlled, randomised, double-blind clinical trial. Arzneimittelforschung. 2001;51(7) 563-8.

How to Use

・錠剤
・ハードカプセル
・ソフトカプセル

市場では、錠剤やハードカプセルが圧倒的に多いようです。弊社でも、錠剤やハードカプセルの剤型をオススメしております。
本原料は、OEMでのみ、供給させていただいております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

弊社では、主に自社原料・(代理店等を行う)契約会社原料として、供給しております。その他原料の調達も承っておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
なお、自社原料以外の供給原料は、原則、代理店価格にて調達できる原料に限定させていただいております。

あわせてオススメする原料

お問合せ

お問合せ

健康食品の機能性原料をお探しの方、サプリメント、美容ドリンク、ゼリーのOEMをご検討されている方は、お気軽にお問合せください。
異業種で初めて健康食品を製造される方も、わかりやすく丁寧にサポートさせていただきます。
Scroll Up