HOME » 目的効果 » グルタミン (HGH系アミノ酸)

グルタミン (HGH系アミノ酸)

グルタミンは非必須アミノ酸のひとつです。
グルタミン酸から、グルタミンシンテターゼの作用により合成されます。

グルタミンは、我々の体内に最も多く存在するアミノ酸であり、体内の全遊離アミノ酸中60%を占めています。また、グルタミンは、肉、魚、小麦粉、大豆、海藻、卵、チーズ、トマトなどに含まれます。

グルタミンは、経口栄養剤として、医療現場で活躍するアミノ酸の1つでもあります。

グルタミンに期待される効果

腸の機能維持

グルタミンは、腸で栄養の吸収を行う「じゅう毛」の代謝に深く関与して、機能を維持します。グルタミンは、消化管、特に腸管のエネルギー源であることが明らかにされています。

また、腸管からの細菌侵入を抑える効果が報告されています。ウィルスなどから身体を守る免疫機能が向上すると言われています。

例えば、マラソン完走後7日間の感染症の発症率を検証し、2割以下に抑制されたという報告も行われています。
そのため、グルタミンは、ハードな運動で免疫が下がりやすいアスリートにも利用されています。

筋肉強化・分解抑制

グルタミンは、激しい運動で起こる筋肉のたんぱく質の分解を抑制し、筋肉維持に役立ちます。
そのため、ボディービルダーなど、ハードな筋トレを行う方々が積極的に利用されています。

運動強度が高い時、筋肉からグルタミンとアラニンが放出され、グルタミン合成はATPを消費し、その放出によって筋肉からグルタミン酸が失われます。そのため、筋肉のたんぱく質の分解を抑制し、グルタミン酸の原料となるグルタミンが補われるのです。

肝機能強化

アルコールの代謝を促進するため、二日酔いに効果があると言われています。
例えば、アラニンとの組み合わせで、有効性が示されていたりもします。

引用文献

グルタミン 臨床栄養 2001;98(7):916-919.
グルタミン、アルギニン、セレン、他抗酸化物質 日本静脈経腸栄養学会雑誌 2015;30(2): 675-678.
スポーツにおけるアミノ酸の使用法とその効果 順天堂医学 2011;57(2):95-99.
スポーツと栄養 日本調理科学会誌 2014;47(2) 103~110.
運動後のグルタミン投与は筋肉グリコーゲンの蓄積を促進する 化学と生物 1996;34(7):463-464.
The gut:A central organ after surgical stress. Surgery 1988;104(5):917-23.
The effect of oral glutamine supplementation on athletes after prolonged, exhaustive exercise. Nutrtion 1997;13:738-42.
Effects of Glutamine Supplementation on Circulating Lymphocytes After Bone Marrow Transplantation: A Pilot Study. Am J Med Sci. 1998;315(1):4-10.
Glutamine Supplementation Decreases Intestinal Permeability and Preserves Gut Mucosa Integrity in an Experimental Mouse Model. JPEN J Parenter Enteral Nutr. 2010;34(4):408-13.
Glutamine Supplementation Enhances Mucosal Immunity in Rats With Gut-Derived Sepsis. Nutrition. 2004;20(3):286-91.

How to Use

顆粒
錠剤
ハードカプセル

1日あたりの摂取目安量

1000mg以上

主に、顆粒の商品やプロバイオティクスのベースに利用されています。反応性があるため、ドリンクには適していません。

原料情報

梱包形態:25kg
原産国:韓国

弊社では、コスト重視で韓国産の原料を採用しております。

弊社では、各種サプリメント・ドリンク・ゼリーなどのOEM供給も行っており、売れる商品作りもお手伝いしております。
もちろん、原料販売のみの販売も行っております。
お気軽にお問い合わせください。

お問合せ

お問合せ

健康食品の機能性原料をお探しの方、サプリメント、美容ドリンク、ゼリーのOEMをご検討されている方は、お気軽にお問合せください。
異業種で初めて健康食品を製造される方も、わかりやすく丁寧にサポートさせていただきます。
Scroll Up