HOME » 目的効果 » アルギニン HGHアミノ酸

アルギニン HGHアミノ酸

アルギニンは非必須アミノ酸のひとつです。
幼児期は体内での生成量が足りないため準必須アミノ酸として扱われています。

アルギニンはヒト成長ホルモン(HGH)の分泌を促進し、血管を広げ血流を良くしたり、アンモニアの排出など様々な働きがあります。

アルギニンは肉、魚、大豆、玄米、そば、エビ、牛乳、落花生、アーモンドなどに含まれます。

クエン酸やビタミンB6と一緒に摂取すると効果的です。

アルギニンは、体内で最終的にグルコースとなる糖原性アミノ酸で、エネルギー源にもなるアミノ酸です。また、アルギニンは、オルニチン回路(尿素サイクル)で働くアミノ酸でもあります。
オルニチン回路は、アンモニアから尿素を作る肝臓の解毒の回路であり、アルギニンから一酸化窒素(NO)を産生します。アルギニンを摂取することにより、疲労物質であるアンモニア代謝が上がることがわかっており、疲労回復が期待できます。

一方、アルギニンの摂取だけでは、一酸化窒素の産生量が飽和しやすくことがわかっています。シトルリン、ビタミンCやビタミンEの抗酸化物質などと同時に摂取することで、さらに一酸化窒素の産生量が高まることがわかっています。

アルギニンに期待される効果

成長ホルモン分泌

ヒト成長ホルモンの分泌を促進すため、成長や代謝に深く関与するアミノ酸です。
脂質の代謝、筋肉増強を促進することがわかっています。

血流改善

アルギニンが一酸化窒素を生成し、血管を広げ血流改善につながることがわかっています。
肌などの身体の隅々に栄養を補給し、老廃物を回収にするのに役立つので、アンチエイジング効果が期待できます。

アンモニア解毒

アルギニンは肝臓でアンモニアを解毒する働きがあります(オルニチン回路)。

美肌

天然保湿成分(NMF)にも含まれており、肌の保湿を保ちます。

ED予防

一酸化窒素の力で、予防改善します。1日5~9gの投与で、ED治療に使用されることもあります。
>> 詳しくはシトルリンへ

How to Use

アルギニンは、目的によって、商品設計も変化します。

詳しくは、アルギニンを用いた商品設計マニュアル

摂取の注意点

過剰摂取により弱酸性の消化器官に悪影響を及ぼし、胃腸が弱っている場合は下痢を引き起こしたり、子どもの場合、巨人症になる可能性があります。

梱包形態:25kg
原産国:中国

弊社では、各種サプリメント・ドリンク・ゼリーなどのOEM供給も行っており、売れる商品作りもお手伝いしております。
もちろん、原料販売のみの販売も行っております。
お気軽にお問い合わせください。
>> HGH系アミノ酸へ戻る

お問合せ

お問合せ

健康食品の機能性原料をお探しの方、サプリメント、美容ドリンク、ゼリーのOEMをご検討されている方は、お気軽にお問合せください。
異業種で初めて健康食品を製造される方も、わかりやすく丁寧にサポートさせていただきます。
Scroll Up